物件

※この物件は売却済みです。

東武東上線「朝霞台」徒歩10分

■ 建築条件付き売地

東武東上線「朝霞台」徒歩10分
 
権利 所有権
所在地 埼玉県 朝霞市 三原 2丁目
沿線交通 東武東上線「朝霞台」駅徒歩10分
JR武蔵野線「北朝霞」駅徒歩12分
土地面積 164.42 m²
地目 宅地
用途地域 第1種中高層住居専用地域
情報登録日
次回の更新予定日

この物件の詳細情報

私道所有面積 33.02 m²
私道持分 97.00 m² × 1801 / 9700
接面道路 北西側 約4.0m 私道 / 東南側 約4.0m 私道
建ぺい率 60 %
容積率 200 %
法令に基づく制限 高度地区:指定なし
防火地区:指定なし
取引形態 売主
現況 更地
引き渡し日 相談
広告主商号 株式会社インベストオンライン
広告主所在地 〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-2-7 KDX新宿ビル11F
広告主の
電話番号
03-3340-0411
宅建業許可番号 東京都知事(2)第93178号
都市計画 市街化地域
備考 ・上記公簿面積は本地2筆の合計となりますが合筆は行いません。

・実測面積は164.29m²で公簿面積と差異がありますが地積更正登記は行いません。

・前面道路幅員により、容積率は160%に制限されます。

本物件は建築条件付売地です。

建築条件付売地とは、土地売買契約後3か月以内に、当社の指定工事業者と建物の建築請負契約を締結することを条件に販売します。

建築請負契約を締結されなかった場合は、土地売買契約は白紙解約となり、受領した手付金等の土地代金は全てお返しいたします。

周辺情報

●自然環境と利便性が両立したベッドタウン朝霞

埼玉県南部に位置する朝霞市は人口約13万8千人(2018年3月時点)、東京都心へダイレクトアクセスできるベッドタウンとして発展してきました。市内のほぼ中央を黒目川が流れ、武蔵野台地の縁にあたる段丘崖から荒川近くの低地まで、起伏に富んだ地形です。

「朝霞台」駅周辺エリアは、黒目川の西側の武蔵野台地にあたる高燥な土地柄で、かつては広大なニンジン畑が広がっていたことから「キャロットタウン」の愛称が付けられています。

ニンジンのモニュメントがある北朝霞駅北口

(ニンジンのモニュメントがある北朝霞駅北口)

朝霞市内の東武東上線「朝霞台」駅と「朝霞」駅、JR武蔵野線「北朝霞」駅の3駅のうち、北側に位置する「朝霞台」駅は1974年に開設された新しい駅です。1973年のJR武蔵野線北朝霞駅の開業に合わせ、東武東上線との乗り換えの便宜を図るために増設され、以降急速に宅地化が進みました。駅前には賑わいのある商業環境が整っています。

東武東上線は東京メトロ有楽町線・副都心線へ直通で乗り入れているため、「池袋」まで急行で 17 分、「大手町」へも35分と交通至便な環境です。

「朝霞台」駅

(急行や快速も停車する東武東上線「朝霞台」駅)

バスロータリー

(JR 武蔵野線「北朝霞」駅への乗り換え口とバスロータリーのある南口。小児科や内科、眼科などのクリニックが集まる「アゴラ21 ビル」も駅前にある)

飲食店や物販店が建ち並ぶ駅前

(飲食店や物販店が建ち並ぶ駅前)

朝霞台駅前には地元で有名なパンの名店やイタリアン、居酒屋やバルなどが並び、仕事帰りの人で夜遅くまで賑わっています。南口駅前にあるスーパー「フエンテ朝霞台店」は朝 6 時から深夜 2 時まで営業。

東武ストアフエンテ朝霞台店

( 1 日 24 時間営業の東武ストアフエンテ朝霞台店)

朝霞台駅南口から静かな生活道路を通って約 10 分、閑静な住宅街の真ん中に当該物件はあります。2 方向に接道しており、北西側は間口が約14.5mのため解放感があります。また徒歩1 分のところに、東武バス「霞ヶ丘住宅」バス停があり、志木駅南口や朝霞駅東口とバス便でも結ばれています。

サンドラッグ

(当該物件近くのサンドラッグ)

パティスリー・ロア・レギューム

(当該物件近くのパティスリー・ロア・レギューム)

なお、後からの新設駅のため「朝霞台」駅から隣の「志木」駅までの距離は 1.5km しか離れておらず、当該物件からはさらに至近。志木駅エリアも約1.0km でアクセスできます。志木駅前では現在、南口駅前広場整備計画が進行中。大規模駐輪場が整備されるなどより便利になります。

志木駅前広場

(志木駅前広場、平成 32 年に供用開始予定)

●自然豊かな文教地区

「朝霞台」は新座市、朝霞市、志木市の 3 市の境界が近く、近隣は文教エリアでもあります。志木駅エリアには立教大学新座キャンパスや慶應義塾大学志木高校、朝霞台エリアには東洋大学朝霞キャンパスがあります(ただし東洋大学朝霞キャンパスは 2021 年まで)。

朝霞市を代表する自然の景観「黒目川」は、市民の憩いの場、ウォーキングコースとして親しまれています。特に桜の季節には「黒目川花まつり」が開催され、多くの人で賑わいます。

(桜並木が広がる黒目川)

朝霞市産業文化センター

(ギャラリーや多目的ホール、集会室なども備えた文化交流の場、朝霞市産業文化センター)

●「朝霞台」駅の南東側には公共施設や医療機関も充実

黒目川のほとりに建つ「産業文化センター」 には商工会のほか図書館北朝霞分館も併設。朝霞市商工会主催の「冬のホッとおもてなしバル」、「北朝霞どんぶり王選手権」などの名物イベントを開催。市外からも大勢の方が訪れます。

また産業文化センターの南東側には「TMG あさか医療センター」が 2018 年 2 月に開業。「朝霞台中央総合病院」が移転に伴い、病床数 446 床に増設となっています。

 TMG あさか医療センター

(開業したばかりの TMG あさか医療センター)

※この物件は売却済みです。

物件情報一覧へ戻る