不動産投資Q&A

これって経費になるの、ならないの?確定申告する場合の項目はなに?そんな疑問に大家専門の税理士がお答えするコーナーです。

契約解除により放棄した手付金(違約金)は必要経費になる?

必要経費にしても問題ないと思われます。

所得税基本通達38-9の3に規定があります。

いったん締結した固定資産の取得に関する契約を解除して他の固定資産 (不動産) を取得することとした場合に支出する違約金の額は、各種所得の金額の計算上必要経費に算入されたものを除き、当該取得した固定資産の取得費又は取得価額に算入する。

所得税基本通達38-9の3

契約を解除して、別の不動産を購入したのであれば、放棄した手付金は、購入した不動産の取得費に計上することになります。
また、法人税基本通達には

一旦締結した固定資産の取得に関する契約を解除して他の固定資産 (不動産) を取得することとした場合に支出する違約金の額は、固定資産 (不動産) の取得価額に算入しないことができる
法人税基本通達7-3-3の2

とあるため、必要経費にしても問題ないかと思われます。

失敗と成功をわけるのは正しい知識。 不動産投資の7つのポイントとは?

渡邊 浩滋

渡邊 浩滋

税理士・司法書士

固定資産税すら払えなくなってしまった実家のアパート経営を預金残高1400万になるまで改善させた経験から「大家の経験と税理士資格を活かし、全国の困っている大家さんを助けたい」という大志を抱き、2011年12月に大家さん専門税理士事務所を開設。 現在関与先は400を超え、そのうち99%が現役大家さん。北海道から沖縄まで幅広く相談を受けており、セミナー出演や書籍出版、連載記事も多数。 大家さん専門税理士ネットワーク『knees』メンバー。

記事一覧