不動産投資のQA

これって経費になるの、ならないの?確定申告する場合の項目はなに?そんな疑問に大家専門の税理士がお答えします。

年金保険料は何歳まで支払わないとならない?

現在、国民年金を払っています。

今後、会社で社会保険に加入した場合には、何歳まで厚生年金保険料を払わないとならないのでしょうか?

70歳になるまで保険料を払い続ける必要があります。

国民年金と厚生年金とに分けて説明します。

(1)国民年金

国民年金(1号被保険者、3号被保険者)の場合、60歳未満まで加入が義務付けられています。

60歳になるまで保険料を払い続けます。

なお、受給資格(平成29年8月以降から25年から10年に変更)に満たない場合などに、65歳まで(昭和40年4月1日以前に生まれた人は70歳まで)任意加入することが可能です。

(2)厚生年金

厚生年金の強制加入被保険者は、70歳未満の人です。

70歳になるまで保険料を払い続けます。

なお、70歳に達しても受給資格に満たない場合などには、任意加入することが可能です。

したがって、会社の社会保険に加入した場合には、70歳になるまで保険料を払い続ける必要があります。

2019/09/01

手間をかけずに将来に備えた資産をつくる…空室リスクが低い不動産投資とは?

渡邊 浩滋
渡邊 浩滋

渡邊 浩滋

税理士・司法書士

渡邊 浩滋

税理士・司法書士

経営難だった実家のアパート経営を大きく改善し、大家さん専門の税理士事務所を設立。北海道から沖縄まで幅広く相談を受ける。セミナー、出版、連載など多方面で活躍。専門税理士ネットワーク『knees』メンバー。

記事一覧