不動産投資のQA

賃貸経営で発生する家賃滞納や、雨漏り、騒音など…様々なトラブル。対応方法について専門家がお答えします。

入居者から電球が切れたと連絡が…交換費用も大家が出すもの?

賃借人から連絡があり、部屋の電球が切れてつかなくなったので交換して欲しいと言われました。

エアコンや給湯器の故障であれば、大家が費用を負担するのはわかるのですが、消耗品である電球の交換費用は賃借人が自分で負担すべきかと思うのですが、実際のところどちらが正しいのでしょうか。

「消耗品」の劣化による交換費用については、賃借人の負担と記載されているケースが一般的です。

契約書の内容によりますが、通常は賃借人の負担と記載されているケースが一般的です。

原則として、室内設備の故障等による修理や交換費用については、大家の負担において行わなければなりません。

電球の交換についても、特段の取り決めがなければ、大家が負担しなければならないケースもありますが、一般的な賃貸借契約書であれば、電球や水道のパッキン、リモコンの電池などのいわゆる「消耗品」の劣化による交換費用については、借主負担と記載されているケースが一般的です。

ただし、さすがに入居当日から電球が切れていると、賃借人からクレームになる可能性が高いので、できるだけ従前の賃借人が退去したら、消耗品関係は一通り交換したほうがよいでしょう。

2019/09/02

【1分で分かる!新築一棟投資の魅力とは?】東京圏・駅徒歩10分圏内の物件紹介はこちら

棚田 健大郎
棚田 健大郎

棚田 健大郎

行政書士

棚田 健大郎

行政書士

大手人材派遣会社、不動産関連上場会社でのトップセールスマン・管理職を経て独立。棚田行政書士リーガル法務事務所を設立。現在に至る。

記事一覧