不動産投資のQA

賃貸経営で発生する家賃滞納や、雨漏り、騒音など…様々なトラブル。対応方法について専門家がお答えします。

賃貸のベランダに鳩が巣を作っている…枝ごと切り落としても問題ない?

入居者からベランダに伸びている木の枝に鳩が巣を作っており、鳴き声がうるさいとクレームが入りました。

木自体は当マンションの敷地内に生えているので、枝を切り落として鳩の巣ごと除去しようと考えているのですが何か問題はありますでしょうか?

鳥の巣は無許可で切り落とすと違法になる恐れがあります。

鳩の鳴き声や糞による被害は比較的よくありますが、今回の事例のようにマンションの敷地内に鳩が巣を作っているような場合、勝手に巣を除去すると鳥獣保護管理法違反によって罰金が科される可能性があります。

というのも、鳥獣類保護管理法では、許可なく野鳥を捕獲したり飼育したりすることを禁止していて、違反すると「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」という罰則規定があるからです。

鳩などの鳥類は、巣を作る前段階として安心できる場所をねぐらにする習性があるそうです。

そのため、ベランダの周辺で鳩の鳴き声がうるさいといったクレームが入ったら、まだ巣がない状態でも今後巣を作られる可能性があるので、鳩よけのスプレーなどで対策をとる必要があります。

卵を産まれたらアウト

巣を作り始めたとしても、卵を産む前であれば枝を切り落としても問題ありませんが、そこに卵を産まれてしまった場合は許可がないと巣を除去することができなくなります。

具体的には、行政の指定を受けている鳩の巣除去の専門業者に依頼しなければならなくなるため、数万円程度の除去費用がかかるのです。

ちなみに、鳩は卵が孵化してからおよそ1ヵ月でヒナが巣立っていくため、巣立ちを待って巣が空っぽになってから自力で撤去するという方法もあります。

鳩の糞がもたらす弊害

鳩の巣がベランダ周辺に作られると、鳩の糞による環境被害も考えなければなりません。

鳩の糞は独特の臭気を発生させるほか、鳩の巣からも同じような匂いがすることがあるため、放置すると入居者の健康面に影響が出る可能性が考えられます。

また、鳩の糞には酸が含まれているためベランダの鉄部などに付着すると、鉄骨部分が腐食することもあるため、鉄部がむき出しになっている部分がある場合には注意が必要です。

入居者から鳩関連のクレームが入ったら、軽く考えずにできる限り早めに対処するよう心がけましょう。

2020/01/17

手間をかけずに将来に備えた資産をつくる…空室リスクが低い不動産投資とは?

棚田 健大郎
棚田 健大郎

棚田 健大郎

行政書士

棚田 健大郎

行政書士

大手人材派遣会社、不動産関連上場会社でのトップセールスマン・管理職を経て独立。棚田行政書士リーガル法務事務所を設立。現在に至る。

記事一覧