不動産投資のQA

賃貸経営で発生する家賃滞納や、雨漏り、騒音など…様々なトラブル。対応方法について専門家がお答えします。

手付金を放棄し売買契約を解除した場合、違約金は発生する?

気に入った物件が見つかったので、これから売買契約を結ぶ予定です。

そこで質問ですが、万が一契約した後にキャンセルしたくなった場合は、手付金が戻らないと聞いたのですが、別途違約金などは請求されるのでしょうか?

手付解除の期限が過ぎた後に売買契約を解除する場合は「違約金」が発生します。

売買契約を締結する際に支払う「手付金」については、契約内容によって性質が異なりますが、特段の取り決めがなければ「解約手付」という扱いになります。

解約手付けについては、買主、売主それぞれ次のようにして売買契約を解除することができます。

買主:既に支払った手付金を放棄すること
売主:既に受け取った手付金の倍額を買主に支払うこと(手付け倍返し)

このように、手付金によって売買契約を解除することを「手付解除」といいます。

手付解除ができる期限

手付解除によって契約を解除できるのは「相手方が履行に着手するまで」という期限が規定されています。

履行に着手するまでとは、具体的にいうと、中間金を支払ったり、引き渡しに向けてリフォーム工事に着手したり、といったことです。

ただ、実際に手付解除しなければならないような状況が発生すると、多くの場合で「履行に着手しているのかどうか」という点について相手方と争いになる可能性があります。

そこで、不動産会社によっては売買契約書に手付解除ができる期日である「手付解除期日」を設定し、手付解除ができる日付を限定していることがあります。

期間としては、売買契約の締結から1~2週間程度とするのが一般的ですが、あくまで双方合意の上で日付を設定するのが原則です。

期限を過ぎると違約金が発生する

手付解除の期限が過ぎた後に、何らかの事情で売買契約を解除する場合は、売買契約書に記載されている「違約金」が発生します。

違約金の金額については、あらかじめ売買契約書で「売買代金の20%相当額」といった形で取り決めしておくケースが一般的です。

【条文例】
売主・買主は、その相手方が本契約にかかる債務の履行を怠ったとき、その相手方に対し、書面により債務の履行を催告した上で、本契約を解除して売買代金の20%相当額の違約金の支払を請求することができます。
なお、違約金に関し、現に生じた損害額の多寡を問わず、相手方に違約金の増減を請求することはできません。

関連記事

欲しい物件を手に入れるための買付証明書の書き方

2019/09/23

手間をかけずに将来に備えた資産をつくる…空室リスクが低い不動産投資とは?

棚田 健大郎
棚田 健大郎

棚田 健大郎

行政書士

棚田 健大郎

行政書士

大手人材派遣会社、不動産関連上場会社でのトップセールスマン・管理職を経て独立。棚田行政書士リーガル法務事務所を設立。現在に至る。

記事一覧