不動産投資のQA

賃貸経営で発生する家賃滞納や、雨漏り、騒音など…様々なトラブル。対応方法について専門家がお答えします。

アパートを引き継ぐことに。管理会社との管理委託契約はどうなる?

アパート経営をしていた父が亡くなったため、自分がアパートを相続して大家を引き継ぐことになりました。

書類を整理していたところ、管理会社との管理委託契約書が見つかり、まだ契約期間内であることがわかりました。

今後は管理会社に管理を委託せずに、自主管理をする予定なのですが、父のした管理委託契約はどうなるのでしょうか。

原則として管理委託契約は本人の死亡により終了。管理委託契約書の内容次第では引き継がれる可能性もあります。

管理委託契約については、民法における委任の規定が適用されるため、特段の定めがなければ委任者である父が死亡したことによって契約は終了となります。

ただし、管理委託契約書の内容によっては、特約条項の中に相続が発生した際には相続人に当該契約を引き継ぐこととするという内容の条項が含まれていることがあるため注意が必要です。
その場合については、管理会社に対して別途解除する旨の手続きが必要になり、場合によっては契約書に記載されている違約金を請求される可能性もあります。

相続で取得した賃貸物件の自主管理を検討している場合は、亡くなられた方が交わしていた管理委託契約書の内容について、よく読んで確認しておいた方がよいでしょう。

2019/08/17

東京に仕事を求めてやってくる単身者増加中…不動産投資は、立地で決まる

棚田 健大郎
棚田 健大郎

棚田 健大郎

行政書士

棚田 健大郎

行政書士

大手人材派遣会社、不動産関連上場会社でのトップセールスマン・管理職を経て独立。棚田行政書士リーガル法務事務所を設立。現在に至る。

記事一覧