不動産投資のQA

賃貸経営で発生する家賃滞納や、雨漏り、騒音など…様々なトラブル。対応方法について専門家がお答えします。

所有マンションの管理費が年々値上がりするのを防ぐ方法は?

投資用のワンルームマンションを所有しているのですが、年々管理費が値上がりしています。
値上がりを防ぐ方法はないのでしょうか。

管理組合の理事に立候補するなど、積極的にかかわることで管理費の値上げは回避できます。

投資用ワンルームマンションの管理費値上げ問題は、非常に多くの所有者の方から相談されることがあります。

結論からいうと、管理費は管理会社の一存で自動的に値上がりしているわけではなく、所有者全員で構成する管理組合の議決によって決定しているため、総会で反対票が多く集まれば値上げを回避することが可能です。

重要なことは値上げを回避すること自体ではなく、なぜ値上げが必要なのかを検証すること、そして他の管理会社の相見積もりをとることです。

投資用ワンルームマンションの区分所有者は、管理組合の運営に積極的にかかわろうとしないため、総会を欠席して「委任状」で済ませようとする傾向があります。
そのため、管理費値上げの議題が上がっても内容を細かく確認しないまま、委任状だけ提出してしまうことが多いので、不当な管理費の値上げだったとしても可決してしまうのです。

対して、管理組合に積極的に参加する区分所有者が多いマンションの場合、管理費値上げの議題が上がってもそう簡単には可決せず、内容を検証したり相見積もりをとったりするので、不当な値上げが起こりにくい傾向にあります。

重要なことは、管理組合の運営を人任せにせず、自分自身も積極的に理事に立候補するなどしてかかわることです。

2020/11/09

手間をかけずに将来に備えた資産をつくる…空室リスクが低い不動産投資とは?

棚田 健大郎
棚田 健大郎

棚田 健大郎

行政書士

棚田 健大郎

行政書士

大手人材派遣会社、不動産関連上場会社でのトップセールスマン・管理職を経て独立。棚田行政書士リーガル法務事務所を設立。現在に至る。

記事一覧