不動産投資のQA

これって経費になるの、ならないの?確定申告する場合の項目はなに?そんな疑問に大家専門の税理士がお答えします。

解体費用、庭の伐採剪定費用は経費になるのか?

古屋付の土地を購入して、古屋を取り壊す場合の解体費用が発生します。
また、植木屋を入れて庭等の伐採・除草・剪定費用も発生します。
これらは経費として一括で処理することができますか?

解体費用は、目的によって経費になるか異なります。

すでに賃貸をしていて、建て替えのために取り壊した等の場合であれば、その解体費用は、経費に計上することができます。

しかし、ご質問のように土地を購入する目的で購入した建物を解体した場合には、土地を購入のために建物の解体が必要だったという解釈となり、土地の取得費に計上することになっています。

土地を購入する目的かどうかは、「取得後おおむね1年以内に取り壊しに着手したか」で判断されます。

よって、上記に当てはまるのであれば、解体費用や伐採剪定費用は、経費ではなく、土地の取得費に該当するものになります。

所得税法基本通達38-1 

自己の有する土地の上に存する借地人の建物等を取得した場合又は建物等の存する土地(借地権を含む。以下この項において同じ。)をその建物等と共に取得した場合において、その取得後おおむね1年以内に当該建物等の取壊しに着手するなど、その取得が当初からその建物等を取壊して土地を利用する目的であることが明らかであると認められるときは、当該建物等の取得に要した金額及び取壊しに要した費用の額の合計額(発生資材がある場合には、その発生資材の価額を控除した残額)は、当該土地の取得費に算入する。

2022/04/22

不動産投資は、立地で決まる。人口動向や賃貸需要に合わせた「新築一棟投資法」とは

渡邊 浩滋

税理士・司法書士

渡邊 浩滋

税理士・司法書士

経営難だった実家のアパート経営を大きく改善し、大家さん専門の税理士事務所を設立。北海道から沖縄まで幅広く相談を受ける。セミナー、出版、連載など多方面で活躍。専門税理士ネットワーク『knees』メンバー。

記事一覧