不動産投資のQA

これって経費になるの、ならないの?確定申告する場合の項目はなに?そんな疑問に大家専門の税理士がお答えします。

家賃を減額した金額よりも多く家賃支援給付金はもらえる?

テナントに家賃支援給付金がもらえることが決まったようですが、大家が家賃減額をしないとテナントが給付金をもらえないのでしょうか?

家賃減額以上に給付金をもらえることはありえるのでしょうか?

家賃の減額は要件に入っていないため、減額以上の給付金を受け取ることは可能と考えます。

6月12日に家賃支援給付金が国会で決定されました。
これから手続きの詳細について発表がされますが、現段階でわかっている要件の中には、「家賃の減額すること」は入っていません。

要件は、令和2年5月~12月において次のいずれかに該当する場合です。

①ひと月の売上高が前年同月比で50%以上減少
②連続する3ヵ月の売上高が前年同期比で30%以上減少

テナントの売上の減少が要件であり、家賃の減額は要件にはなっていません。

これは、家賃支援給付金を制定する際に、国会で議論になったところです。
その議論の過程から推測すると、「家賃に限定せず、ひろく固定費に充てられるようにするもの」という意味合いが強いからではないかと思います。

4月~5月は、持続化給付金を補填し、6月以降は、家賃支援給付金を補填して事業を継続して欲しいという政府の思惑があると思います。

ですから、家賃の減額以上に家賃支援給付金を受け取ることも可能と考えます。

2020/07/03

人口動向・賃貸需要に合わせた「新築一棟投資法」とは?無料解説書籍はこちら

渡邊 浩滋
渡邊 浩滋

渡邊 浩滋

税理士・司法書士

渡邊 浩滋

税理士・司法書士

経営難だった実家のアパート経営を大きく改善し、大家さん専門の税理士事務所を設立。北海道から沖縄まで幅広く相談を受ける。セミナー、出版、連載など多方面で活躍。専門税理士ネットワーク『knees』メンバー。

記事一覧