再開発・新線・新駅

亀戸駅徒歩2分の再開発 地域共生型街づくり始動

2020/03/12
亀戸駅徒歩2分の再開発 地域共生型街づくり始動

野村不動産株式会社は2月19日、東京都江東区亀戸の街づくり計画「KAMEIDO PROJECT」を発表しました。

地域と共に”アップデートする”街づくり”「KAMEIDO PROJECT」発表会

【1分で分かる!新築一棟投資の魅力とは?】東京圏・駅徒歩10分圏内の物件紹介はこちら

「KAMEIDO PROJECT」とは

JR総武線亀戸駅から徒歩2分という立地、また2016年3月に閉館した人気商業施設「サンストリート亀戸」の跡地に、総戸数934戸のマンションと商業施設の複合開発が行われます。

JR亀戸駅から徒歩2分の立地▼
亀戸プロジェクト
野村不動産株式会社のプレスリリースを一部加工して作成

“地域共生”をテーマにした「KAMEIDO PROJECT」の敷地内にはマンション・商業施設のほか、隣接する区立第二亀戸小学校へは増築用地を提供、住宅棟内には新設の保育施設も設けられるとのことです。

大型商業施設は2022年夏に開業予定

大型商業施設完成イメージ▼
ショッピングモール

2022年夏には「LIVE UP! Park」をコンセプトにした大型商業施設(名称未定)が開業予定です。
地上6階~地下1階の各フロアには生活雑貨や服飾などのほか、大型スーパーマーケットや生鮮三品・食物販の専門店によるライブ感にあふれる地下1階の『地域No1“食”市場』や、亀戸の下町ならではの“食”文化を活かし、亀戸エリアに新たな“食のライフスタイル”を提案する『亀戸横丁フードホール(仮称)』の導入など、高い日常利便性の実現に加え、新たなライフスタイルを提案します。

下町情緒を体験できる名店が軒を連ねる横丁エリアイメージ▼
亀戸横丁

延床面積は約58,000㎡、テナント数は旧サンストリート亀戸の約3倍となる150店舗を超える予定となっています。

旧サンストリート亀戸と本プロジェクトの規模の比較▼
ショッピングモール

また、「イベントの聖地」と呼ばれ、多種多様なイベントを実施し地域に愛された「サンストリート亀戸」のアイデンティティを継承しつつ、街をヒトをつなぎ、ヒトと街とともに成長していく場となることを目指すとのことです。

環境・省エネ対策と安心・安全対策を実現するマンション

亀戸プロジェクト
マンション「プラウドタワー亀戸クロス」は、総戸数934戸、地上25階、地下2階建て。専有面積は29.88~ 138.44㎡で間取りは1R~4LDKと、単身者からDINKS、ファミリーまで多様な層をターゲットにしています。

同社はSDGs(2015年に国連サミットで採択された国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた「持続可能な開発目標」)、ESG(詳しくはこちら )など、様々な社会課題にも取り組んでおり、当プロジェクトのマンション建物にも環境・省エネ対策安心安全の災害対策についても配慮されています。

【環境・省エネ対策】
二重床を利用して、住戸全体にエアコンの風を送るセントラル方式の空調システム
「床快 full(ゆかいふる)」▼
ゆかいふる
野村不動産株式会社のプレスリリース

住戸全体が快適な温度に保たれ、ヒートショックなどの健康面へ配慮と、CO2削減への取組となる床空調システムです。

【安心安全の災害対策】

  • 中圧ガス供給による信頼性の高いインフラ構築・ガスによる発電システムにより災害時のライフラインを確保
  • 水害対策に備え、住宅棟部分において立ち上がり、および防潮板の設置による、水防ラインを形成

マンションは2022年1月下旬に竣工予定となっています。

亀戸の商圏・住みやすさ・家賃相場は?

当プロジェクトでは住・商・広場・学が一体となった地域共生型の街づくりが計画されています。
最後に亀戸の現在の商圏と賃貸事情を少し見てみましょう。

同社発表によりと、本計画地の現時点での商圏人口は下記の通りです。

  • 1次商圏として24万人(車10分、自転車10分圏内)
  • 2次商圏として72万人(半径5km)

亀戸は商業施設の足元人口がすでに全国トップクラスでありながら、将来的にも人口増が見込める稀有なマーケットであるとのことです。

単身者向け物件家賃相場

亀戸と総武線の両隣の錦糸町・平井駅周辺の単身者向け物件の家賃相場です。家賃相場は両隣駅と比較すると、現時点では中間ほどとなっています。

1R 1K
錦糸町 10.1万円 9.8万円
亀戸 8.01万円 8.6万円
平井 6.9万円 7.1万円

大手ポータルサイトの家賃相場平均、編集部調べ

なお、亀戸駅から主要駅へのアクセスは下記の通りです。

  • 東京駅まで約15分
  • 新宿駅まで約25分
  • 渋谷駅まで約33分

どちらかというと「住みたい街」のイメージではなく下町の繁華街で観光地として人気の高い亀戸ですが、再開発により利便性や需要が高まれば、当然地価や家賃相場も高騰することが予測されます。
今後は賃貸需要も高まっていくかもしれません。

あわせて読みたい

亀戸・新築一棟/初めての購入物件は23区鉄骨造

JR小岩駅前で大規模再開発 街はどう変わる?

人口動向・賃貸需要に合わせた「新築一棟投資法」とは?無料解説書籍はこちら

インベストオンライン編集部
インベストオンライン編集部

インベストオンライン 編集部

インベストオンライン 編集部

最新の不動産投資情報やノウハウをリアルタイムにお届けする、株式会社インベストオンラインの広報担当。投資初心者向けコンテンツから上級向けの物件最新情報まで、広く発信していきます。

記事一覧