不動産投資のQA

これって経費になるの、ならないの?確定申告する場合の項目はなに?そんな疑問に大家専門の税理士がお答えします。

賃貸物件を建築するための地盤改良費用は経費になる?

アパートの建て替えをしています。

建物の解体した後に、土地の地盤改良をすることになっています。
この地盤改良費用は、経費になるものでしょうか?

建物の取得費として資産計上するものになります。

地盤改良費用は、本来は土地の価値を高めるものになるため、土地の取得費になるのが原則ですが、建物を建築するために行うものは、建物の取得費に計上することが通達に規定されています。

したがって、経費ではなく、建物の取得費として資産計上するものになります。

所得税基本通達 38-10

埋立て、土盛り、地ならし、切土、防壁工事その他土地の造成又は改良のために要した費用の額はその土地の取得費に算入するのであるが、土地についてした防壁、石垣積み等であっても、その規模、構造等からみて土地と区分して構築物とすることが適当と認められるものの費用の額は、土地の取得費に算入しないで、構築物の取得費とすることができる。

上水道又は下水道の工事に要した費用の額についても、同様とする。

(注)
1.専ら建物、構築物等の建設のために行う地質調査、地盤強化、地盛り、特殊な切土等土地の改良のためのものでない工事に要した費用の額は、当該建物、構築物等の取得費に算入する。

2.土地の測量費は、各種所得の金額の計算上必要経費に算入されたものを除き、土地の取得費に算入する。

 

2020/11/20

不動産投資は、立地で決まる。人口動向や賃貸需要に合わせた「新築一棟投資法」とは

渡邊 浩滋
渡邊 浩滋

渡邊 浩滋

税理士・司法書士

渡邊 浩滋

税理士・司法書士

経営難だった実家のアパート経営を大きく改善し、大家さん専門の税理士事務所を設立。北海道から沖縄まで幅広く相談を受ける。セミナー、出版、連載など多方面で活躍。専門税理士ネットワーク『knees』メンバー。

記事一覧