不動産投資のQA

これって経費になるの、ならないの?確定申告する場合の項目はなに?そんな疑問に大家専門の税理士がお答えします。

支援融資を受けたり銀行にリスケを求めると次の融資に影響が出る?

コロナによる退去が続きました。
コロナによる融資を受けようと思っています。

支援策にある融資やリスケを銀行に求めた場合には、今後の融資に影響が出るのでしょうか?

金融機関ごとに対応は変わってくるかと思います。

そこで、いくつかの金融機関の担当者に聞いてみました。

「一時的な売上減少によるものなので、売上が戻れば特に融資しないということにはならない。
ただし、リスケ中の状態であったり、融資のうち据え置き期間中の状態のときには、新規の融資は出すことは基本的にない。」
という回答でした。

したがって、すぐに新規融資を申し込むのであれば、コロナによる融資やリスケを受けたとしても、(据え置き期間やリスケを解消しなければならなくなることを考えると)支援策を受ける意味がなくなってしまうかと思います。

新規融資を受けるまでは、支援策を受けるという使い方であれば、問題はないかと考えます。

2020/07/13

不動産投資は、立地で決まる。人口動向や賃貸需要に合わせた「新築一棟投資法」とは

渡邊 浩滋
渡邊 浩滋

渡邊 浩滋

税理士・司法書士

渡邊 浩滋

税理士・司法書士

経営難だった実家のアパート経営を大きく改善し、大家さん専門の税理士事務所を設立。北海道から沖縄まで幅広く相談を受ける。セミナー、出版、連載など多方面で活躍。専門税理士ネットワーク『knees』メンバー。

記事一覧