ニュース

1位は池袋 2019年借りて住みたい街ランキング

1位は池袋 2019年借りて住みたい街ランキング

「2019年 首都圏版LIFULL HOME’S住みたい街ランキング」|株式会社LIFULLのプレスリリース

株式会社LIFULは「2019年 LIFULL HOME’S 住みたい街ランキング」の「首都圏版」「近畿圏版」「中部圏版」「九州圏版」をそれぞれ発表しました。
圏域ごとに「買って住みたい街ランキング/借りて住みたい街ランキング」と、「買って住みたい/借りて住みたい行政区ランキング」の結果が発表されています。

今回はそのなかから、首都圏、近畿圏を中心に「借りて住みたい」に注目してご紹介していきます。

尚、以下のランキングは「データで見た住みたい街ランキング」であり、『LIFULL HOME’S』で住まいを探すユーザーの検索・問合せ数をベースに算出した“実際に探されている街・駅”のランキング結果です。

家賃収入でローンを軽減する賃貸併用住宅とは…【低金利・長期融資の解説書プレゼント】

首都圏の住みたい街

池袋が3年連続で首位 「首都圏・借りて住みたい街」

首都圏版(東京都、神奈川県、埼玉圏、千葉県)の「買って住みたい街」、「借りて住みたい街」の上位10位はこちら。
首都圏版住みたい街
「2019年 首都圏版LIFULL HOME’S住みたい街ランキング」|株式会社LIFULLのプレスリリース

首都圏版「借りて住みたい街ランキング」の1位は「池袋」でした。池袋が1位になったは今年で3年連続とのことです。

LIFULLは池袋の人気の理由を、下記のように考察しています。

  • 駅周辺が広く発展しており、商業施設や娯楽施設が集中する繫華街でエンターテインメント性があること
  • JR山手線や西武池袋線ほか計8路線が乗り入れるビッグターミナルでアクセスに便利なこと
  • 大学や専門学校などが多くある学生の街であること

また、池袋は現在大規模な再開発進められ、さらに人気が高まり、地価が上昇する可能性も高い街です。

関連記事

池袋は4つの公園を中心に生まれ変わる、都市構想

また、「借りて住みたい街」2位「川崎」、3位「中野」、4位「高円寺」も去年と同じ順位をキープしています。

これらの街の人気の理由についても、下記のような池袋と似た特性を持ち、そこが賃貸物件の人気を得やすいと考察されています。

  • 街としての規模があること
  • 交通利便性
  • 多様性とエンターテインメント性の高さ

首都圏版「借りて住みたい行政区」

首都圏版「借りて住みたい行政区ランキング」の上位5位はこちら。

1位 東京都世田谷区
2位 東京都杉並区
3位 東京都新宿区
4位 東京都大田区
5位 東京都品川区

1位は東京都世田谷区でした。世田谷区は「買って住みたい行政区ランキング」でも1位を獲得しています。
世田谷区はJR線は通っていないものの、東急田園都市線、小田急小田原線、京王線・京王井の頭線と私鉄路線が乗り入れ、主に新宿・渋谷方面との交通利便性が高いことが首位獲得の大きな要因となったとみられています。

その他、2位の杉並区、4位の大田区といった、職場の住居の距離と家賃相場が高すぎないという面でバランスの取れた、都心隣接の「準都心エリア」が上位にランクインしています。

近畿圏版の住みたい街

人気エリアがポテンシャルを発揮「近畿圏版・借りて住みたい街」

近畿圏版(大阪府、兵庫県、京都府)の「買って住みたい街」、「借りて住みたい街」の上位10位はこちら。
近畿圏版住みたい街
「2019年 近畿圏版LIFULL HOME’S住みたい街ランキング」|株式会社LIFULLのプレスリリース

近畿圏の「借りて住みたい街」は1位~6位までが「三ノ宮」「新大阪」「江坂」「出町柳」「姫路」「明石」と去年と全く同じランキングになりました。
大阪中心部へのアクセスが良好であり、尚且つ賃貸物件が増えていくなかでも家賃相場に大きな変化がなかった駅(町)というのが上位の街の共通点になっています。

  • 賃貸物件数が豊富
  • 神戸、大阪、京都にダイレクトにアクセスが可能

この2点は、関西圏の人気賃貸物件の立地として必須条件となっていると分析されています。

去年順位を10個上げ6位となり、今年も順位をキープしている「明石」は、駅周辺の再開発によって住環境が整備された点や、神戸や大阪にもダイレクトにアクセスが可能という条件が評価されているようです。

近畿圏版「借りて住みたい行政区」

近畿圏版の「借りて住みたい行政区ランキングの上位5位はこちら。

1位 大阪府東大阪市
2位 大阪府大阪市北区
3位 兵庫県尼崎市
4位 兵庫県西宮市
5位 大阪府大阪市中央区

大阪市に隣接し、境方面へのアクセスも良い東大阪市が1位となりました。東大阪市は利便性に加え、庶民的で住みやすい街が多いことも支持を集めた要因になっているとのことです。

また、近畿圏では近畿圏経済の中心である大阪市内に通勤・通学するのに便利がどうか、という目線で住みたいエリアが選択されていることなどが理由となり、「借りて住みたい行政区」と「買って住みたい行政区」とほぼ同じ顔触れが揃ったとみられています。

中部圏版・九州圏版の住みたい街

中部圏「借りて住みたい街」「借りて住みたい行政区」

中部圏版の上位5位はこちら。

借りて住みたい街 順位 借りて住みたい行政区
岐阜 1位 愛知県名古屋市中区
新栄町 2位 愛知県名古屋市中村区
中村公園 3位 愛知県名古屋市中川区
藤が丘 4位 愛知県岡崎市
一社 5位 愛知県名古屋市千種区

「2019年 中部圏版LIFULL HOME’S住みたい街ランキング」|株式会社LIFULLのプレスリリース

「住みたい街」で上位にランクインしている街のほとんどが名古屋市内の駅というなか、今年は「岐阜」が「住みたい街」の1位に輝きました。名古屋市内の街以外で1位となったのはこれが初めてとのことです。

「住みたい行政区」においては、2位の名古屋市中村区、3位の名古屋市中川区など、比較的家賃相場がの安い名古屋市の中心部から西側の新興住宅地がランクインしています。

いずれにおいても家賃と交通利便性のバランスの良さが求められているようです。

また、4位の岡崎市は、三河地区の中心地で独自の経済圏および文化圏を持つことから、住みたいというニーズについても高い支持を得ているとのことです。

九州圏「借りて住みたい街」「借りて住みたい行政区」

九州圏版の上位5位はこちら。

借りて住みたい街 順位 借りて住みたい行政区
博多 1位 福岡県福岡市博多区
大橋 2位 福岡県福岡市中央区
西鉄平尾 3位 福岡県福岡市東区
高宮 4位 福岡県福岡市南区
姪浜 5位 福岡県久留米市

「2019年 九州圏版LIFULL HOME’S住みたい街ランキング」|株式会社LIFULLのプレスリリース

九州(福岡県)の「借りて住みたい街」ランキングは、「博多」が2年連続で1位となりました。
また、「借りて住みたい行政区」においても、福岡市博多区がトップとなり、街と行政区で2冠となっています。

博多周辺と天神エリアに経済の中心があり、このエリアへのアクセスのしやすさと生活面での利便性を兼ねそろえている街・行政区が上位の共通点とみられています。

さらに近年は博多駅周辺の再開発が進み、博多に拠点を置く企業も増加していることもあり、単身赴任者を含め賃貸ニーズが上昇賃貸物件も増加中とのことです。

関連記事

福岡がアツイ3つの理由…天神の再開発/地価上昇

「交通利便性+α」にニーズあり

立地の交通利便性は賃貸需要の要となりますが、結果を見ると必ずしもそれだけが人気の理由ということではなく、それに加えて多様性エンターテインメント性、そして家賃相場とのバランスが鍵になっているといえそうです。

物件選びの際はぜひ参考にしてみてください。

■調査概要
〇データでみた住みたい街ランキング
対象期間: 2018年1月1日~2018年12月31日
【首都圏版】対象者 :LIFULL HOME’Sユーザー 首都圏は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県を対象とした
【近畿圏版】対象者 :LIFULL HOME’Sユーザー 近畿圏は大阪府、兵庫県、京都府を対象とした
【中部圏版】対象者 :LIFULL HOME’Sユーザー 中部圏は愛知県、三重県、岐阜県を対象とした
【九州圏版】対象者 :LIFULL HOME’Sユーザー 九州圏は福岡県を対象とした

集計方法: LIFULL HOME’S に掲載された賃貸物件・購入物件のうち、問合せの多かった駅名をそれぞれ集計
分析: LIFULL HOME’S総研

関連記事

池袋は4つの公園を中心に生まれ変わる、都市構想
首都圏/関西圏 住んでみたい街ランキング 1位は

教育費や老後のお金の不安解消には知識が重要!空室リスクが低い不動産投資の仕組みとは?

インベストオンライン編集部
インベストオンライン編集部

インベストオンライン 編集部

インベストオンライン 編集部

最新の不動産投資情報やノウハウをリアルタイムにお届けする、株式会社インベストオンラインの広報担当。投資初心者向けコンテンツから上級向けの物件最新情報まで、広く発信していきます。

記事一覧