不動産投資コラム

不動産投資会社の選び方 全国展開VS地域密着型

不動産投資会社の選び方 全国展開VS地域密着型

不動産投資を始める前に決めなければいけないことのひとつに、「どの不動産投資会社を選ぶか」があります。

自分が理想とする不動産投資のかたちは人ぞれぞれですが、不動産投資会社にもそれぞれ得意分野があるので、自分自身にあった会社を見極めることが重要です。

そこで今回は、不動産投資会社のさまざまな特色や、適している投資の方向性について前半と後半に分けて解説したいと思います。

【1分で分かる!新築一棟投資の魅力とは?】東京圏・駅徒歩10分圏内の物件紹介はこちら

投資エリアに選択肢がある会社・ない会社

不動産投資会社は大きく分けると、全国展開している会社と、主要都市のみに特化している地域密着型の会社があります。

一般的には全国展開している会社が大会社で、主要都市のみに特化している会社が中小企業であることが多いですが、それ以外にも以下のような特徴があるので覚えておくことが大切です。

全国展開している不動産投資会社の特徴

全国展開

一般的に名の知れている不動産投資会社であれば、全国各地に支店があることから次のようなメリットがあります。

メリット1:全国から投資する物件を選べる

取り扱い物件が一部の都市に限定されないため、非常に多くの選択肢から投資物件を探すことができます

東京在住の不動産投資家が大阪の投資物件を探す場合でも、全国展開している不動産投資会社であれば、東京支店と大阪支店が連携していますので、大阪にいるのと同じ感覚で物件を探すことが可能です。

メリット2:物件が売りやすくなる

買う時だけでなく、売る時についてもメリットがあります

例えば、東京の物件を売却に出した場合、全国展開している不動産投資会社であれば、全国すべての支店で取引のある不動産投資家に対して物件を紹介してもらえるため、値引きをしなくても、早めに買主が決まる可能性があるのです。

メリット3:契約手続きがスムーズ

通常、不動産売買契約をするためには、不動産投資会社まで一度は来社する必要があるので、地方在住の方が都内の物件を購入するとなると、時間と手間がかかります。

ですが、全国展開している不動産投資会社であれば、都内の物件を購入する場合でも、自宅から近い場所にある支店で契約手続きが可能な場合もあるので、負担が大きく軽減できるのです。

デメリット:イレギュラー対応が難しい

全国展開している不動産投資会社は、会社の規模が大きく信頼できる反面、仲介手数料の値引きなどのイレギュラー対応が難しい傾向があります。

中小企業であれば、営業担当者レベルでできる値引きなどの判断も、全国展開している規模の会社だと「できません」と融通が利かないことが多いです。

諸費用などについて、交渉したい場合は、もう少し規模の小さい不動産投資会社の方が向いています。

新築物件を選びたい人は

新築物件に投資したい場合は、全国展開している不動産投資会社の方が、情報の範囲が広いため、希望する新築物件がヒットする件数も多くなります。

新築分譲マンションや新築一棟投資などを狙っている場合や、エリアを限定せずに物件重視で探したい場合は、全国展開している大手不動産投資会社にもあたってみるとよいでしょう。

地域密着型の不動産投資会社

面談

同一都道府県内だけに事務所を構えている中小企業の不動産投資会社については、次のような特徴があります。

メリット1:対応地域の物件情報が豊富

物件情報の範囲が広く浅い全国展開の不動産投資会社に比べ、地域密着型の不動産投資会社は、自社の対応地域の物件情報が豊富にあるため、自分自身が投資したいエリアとマッチしていれば、より理想に近い物件を紹介してもらえる可能性があります。

メリット2:融通が効きやすい

地域密着型の不動産投資会社の場合、各営業マンに与えられている裁量の範囲が比較的広いため、仲介手数料などの諸費用の値引き交渉が成功しやすい傾向があります。

また、売買契約にあたって営業マンが自宅まで来てくれるなど、融通が効きやすい点が特長です。

デメリット:非対応の地域がある

地域密着型の不動産投資会社については、対応地域が同一都道府県内などに限られるため、それ以外の地域で物件を探そうと思ったら、別の不動産投資会社を再度あたらなければなりません。

例えば、都内でも23区内のみに特化して扱っている不動産投資会社もあるため、それ以外の地域も検討している場合については向かないかもしれません。

中古の高利回り物件を探すなら

ある程度投資エリアは決めていて、その中でできる限り高利回りの物件を探したい場合については、地域密着型のほうが条件に合う物件が見つかりやすくなります。

特に中古の高利回り物件については、地域密着型の不動産会社に売買依頼が多く集まる傾向があるため、エリアを限定して利回り重視で物件を探す人に向いているでしょう。

後半 では、ワンストップ対応している不動産投資会社の特徴や、質の高い不動産投資会社の見分け方について解説したいと思います。

関連記事

上手に頼れば得をする?大家と行政書士の付き合い方

手間をかけずに将来に備えた資産をつくる…空室リスクが低い不動産投資とは?

棚田 健大郎
棚田 健大郎

棚田 健大郎

行政書士

棚田 健大郎

行政書士

大手人材派遣会社、不動産関連上場会社でのトップセールスマン・管理職を経て独立。棚田行政書士リーガル法務事務所を設立。現在に至る。

記事一覧