不動産投資のQA

賃貸経営で発生する家賃滞納や、雨漏り、騒音など…様々なトラブル。対応方法について専門家がお答えします。

更新時の家賃値上げに応じてくれない…更新時期を過ぎたらどうなる?

賃貸借契約がそろそろ更新時期を迎えるのですが、昨今の地価上昇を理由に家賃の値上げをしたいと考えています。

数ヵ月前から入居者に対して家賃の値上げを通知しているのですが、なかなか応じてくれず困っています。

このまま更新のタイミングを過ぎたらどうなってしまうのでしょうか?

家賃の値上げは原則として賃借人との合意が必要なので、一方的に値上げすることは難しいです。

都心部の地価が上昇するなか、家賃の値上げを検討する方が増えています。

入居者が入れ替わるタイミングで家賃を値上げして募集するのであれば特段問題はありませんが、入居中の部屋の家賃を値上げするとなると非常に難しいのが現実です。

大家さんのなかには、2年契約の更新のタイミングであれば値上げできると考えているケースがよくあるのですが、それはあくまで賃借人が値上げに合意した場合に限られます。

そして、賃借人(入居者)が値上げに合意しない場合は現状と同じ条件で自動更新した扱いとなるため、値上げに応じないからといって一方的に更新を拒絶することもできません。

家賃の値上げを打診して納得してくれる賃借人はほとんどいないので、現実的には入居中の家賃の値上げは難しいと考えたほうがよいでしょう。

2020/03/28

不動産投資は、立地で決まる。人口動向や賃貸需要に合わせた「新築一棟投資法」とは

棚田 健大郎
棚田 健大郎

棚田 健大郎

行政書士

棚田 健大郎

行政書士

大手人材派遣会社、不動産関連上場会社でのトップセールスマン・管理職を経て独立。棚田行政書士リーガル法務事務所を設立。現在に至る。

記事一覧