税金Q&A

これって経費になるの、ならないの?確定申告する場合の項目はなに?そんな疑問に大家専門の税理士がお答えするコーナーです。

戸建てを民泊利用した場合、土地の固定資産税は住宅用地と比べて高くなる?

戸建ての物件を民泊として利用しています。
このような場合、土地の固定資産税は住宅用地と比べて高くなってしまうのでしょうか。

民泊は住宅用の特例は適用できないので、固定資産税が上がります。

住宅用地の場合

住宅用の土地については、住宅用地の特例の適用に該当することで固定資産税を減額することができます。

住宅用地の特例とは、住宅用の建物が建っている場合、その土地の固定資産税評価額を200㎡まで1/6(都市計画税は1/3)にしてくれる措置です。
結果的に更地の場合と比べて、税額が1/3程度に抑えることができます。

民泊の場合

しかし、民泊は、住宅用の家屋を旅館のように使用することと考えられるため、原則として住宅用の特例は適用できないことになり、結果として固定資産税が上がることになります。

東京23区好立地で高利回り!インバウンド需要をねらう「旅館業法ミニホテル投資」とは?

渡邊 浩滋
渡邊 浩滋

渡邊 浩滋

税理士・司法書士

渡邊 浩滋

税理士・司法書士

経営難だった実家のアパート経営を大きく改善し、大家さん専門の税理士事務所を設立。北海道から沖縄まで幅広く相談を受ける。セミナー、出版、連載など多方面で活躍。専門税理士ネットワーク『knees』メンバー。

記事一覧