不動産投資のQA

これって経費になるの、ならないの?確定申告する場合の項目はなに?そんな疑問に大家専門の税理士がお答えします。

親から賃貸物件を相続。これから税金の勉強するために最適な本は?

親から何も学ばず相続しました。
築20年以上の物件であり、リフォーム等も考慮しなければなりません。
税務に関しても知識なしです。

初心者が知識を得るには、どのような書籍を読めばよいのでしょうか?

「築40年のアパートを相続した場合に読む本(仮)」
こちらをオススメします。

相続で賃貸物件を引き継いだ方の中には、賃貸を経験するのが初めてという人が少なくありません。

知識がないなかで、築が古いことでこれからどうすればよいか不安という気持ちもとてもよくわかります。

実はそのような方のための指南書として、私が現在執筆中なのです。
「築40年のアパートを相続した場合に読む本(仮)」
2021年に発売される予定です。

類書がなかったので、私が書くことにしたのですが、他のオススメの本としては手前味噌になりますが、拙書の
「ライフサイクルから考える 賃貸経営の税務Q&A」(清文社)

賃貸経営を創業期、成長期、成熟期、第二創業期に分け、それぞれのライフステージで何が起こるか、税務上考えることをQ&Aでまとめた本になります。

最新刊が出ましたらお知らせします。

2020/12/05

不動産投資は、立地で決まる。人口動向や賃貸需要に合わせた「新築一棟投資法」とは

渡邊 浩滋
渡邊 浩滋

渡邊 浩滋

税理士・司法書士

渡邊 浩滋

税理士・司法書士

経営難だった実家のアパート経営を大きく改善し、大家さん専門の税理士事務所を設立。北海道から沖縄まで幅広く相談を受ける。セミナー、出版、連載など多方面で活躍。専門税理士ネットワーク『knees』メンバー。

記事一覧