不動産投資のQA

これって経費になるの、ならないの?確定申告する場合の項目はなに?そんな疑問に大家専門の税理士がお答えします。

カーシェアリング用車両の耐用年数は通常の車両よりも短くなる?

カーシェアリング事業を行おうと考えています。
新品の車両だと耐用年数は6年かと思います。

カーシェアリングに使う車の場合には、耐用年数は短くなるのでしょうか?

通常の車両よりも短い耐用年数になります。

耐用年数の適用等に関する取扱通達によると、「貸自動車業の車両とは、不特定多数の者に一時的に自動車を賃貸することを業とする法人がそのように供する場合(いわゆるレンタカー)をいう」と記載してあります。

カーシェアリングもこれに該当します。

その貸自動車業の車両の耐用年数は、

乗り物 小型車 大型車 その他 乗り合い
自動車
自転車及びリヤカー 被牽引車
その他
耐用年数 3年 5年 4年 5年 2年 4年

となっています。

したがって、通常の車両よりも短い耐用年数になります。

2019/08/08

手間をかけずに将来に備えた資産をつくる…空室リスクが低い不動産投資とは?

渡邊 浩滋
渡邊 浩滋

渡邊 浩滋

税理士・司法書士

渡邊 浩滋

税理士・司法書士

経営難だった実家のアパート経営を大きく改善し、大家さん専門の税理士事務所を設立。北海道から沖縄まで幅広く相談を受ける。セミナー、出版、連載など多方面で活躍。専門税理士ネットワーク『knees』メンバー。

記事一覧