再開発・新線・新駅

横浜市営地下鉄「あざみ野~新百合ヶ丘」を延伸へ

横浜市営地下鉄「あざみ野~新百合ヶ丘」を延伸へ

横浜市は高速鉄道3号線を延伸(あざみ野~新百合ヶ丘)について、整備効果、延伸区間の費用対効果および採算性が認められることから、事業化すると1月23日に発表しました。

今後、事業許可に向けて、国や関係者との協議・調整を進めていき、2030年の開業を目指すとのことです。

家賃収入でローンを軽減する賃貸併用住宅とは…【低金利・長期融資の解説書プレゼント】

横浜市営地下鉄ブルーライン延伸の位置とは

横浜市営地下鉄ブルーラインは、神奈川県藤沢市の湘南台から、関内横浜新横浜を経由して、あざみ野駅(横浜市青葉区)が終点となっています。

今回のブルーライン延伸は、終点だったあざみ野駅から小田急線 新百合ヶ丘駅南口付近(川崎市麻生区)までの約6kmの区間を新たに整備し、運行するとのことです。

今まで、小田急線新百合ヶ丘駅から新幹線停車駅の新横浜駅に向かうには、一度、小田急線で町田駅まで出て、JR横浜線に乗りかえる必要がありました。
今回の延伸で、新百合ヶ丘から乗り換えなしの直通で新横浜にいけるようになり、所要時間もおよそ8分の短縮となります。

延伸区間には、新たに4駅を設置を検討

また、延伸区間に、新たに新駅を4つ設置することを検討しています。
設置する箇所は現在検討中ですが、下記の図「東側ルート」が、より整備効果が高い有力なルート案と考えられています。

その際の駅の候補は、下記の4つのエリアです。

  • 嶮山付近
  • すすき野付近
  • ヨネッティー王禅寺付近
  • 小田急線 新百合ヶ丘駅南口付近

横浜市・川崎市 記者発表資料

新駅まわりは地価の上昇も見込める

以前から延伸については協議されていましたが、いよいよ事業化が決定しました。

あざみ野、新百合ヶ丘は両駅ともに住環境がよいため、住宅地として人気の街です。
今回は、その二つの駅をつなぐ延伸ということで、周辺地域の地価は上昇する可能性があります。

また、新駅設置による交通利便性の向上や、駅周辺まちづくりなど活性化が期待されるので、新駅周辺は地価の上昇がより見込めます。

いままで駅からの距離が遠く、賃貸需要が見込めなかった地域も、駅近物件となれば、入居も見込めるようになるでしょう。
開業はまだ先ですが、周辺地域で投資をお考えの方はご参考ください。

関連記事

新たな賃貸需要も!開業予定の新駅まとめ 関東編

相鉄が狙い目?JRおよび東急線直通のメリットとは

2020年に新たなランドマーク 横浜駅西口の再開発

【1分で分かる!新築一棟投資の魅力とは?】東京圏・駅徒歩10分圏内の物件紹介はこちら

インベストオンライン編集部
インベストオンライン編集部

インベストオンライン 編集部

インベストオンライン 編集部

最新の不動産投資情報やノウハウをリアルタイムにお届けする、株式会社インベストオンラインの広報担当。投資初心者向けコンテンツから上級向けの物件最新情報まで、広く発信していきます。

記事一覧