コラム

投資するならREIT?クラウドファンディング?

投資するならREIT?クラウドファンディング?

少額から始められる不動産投資の手法として、REIT(不動産投資信託)と不動産投資クラウドファンディングという方法が知られています。
どちらも銀行から融資を受けることなく、手持ちの資金で気軽に始めることができるとあって、昨今大きな注目を集めつつあります。

ここでは、それぞれの特徴とメリット・デメリットを比較し、ポイントごとにどちらが優れているのか、検証したいと思います。

低金利で東京圏の土地から探す不動産投資法【全員に書籍を無料プレゼント】

1. REITの仕組みと特徴

まずは、REITと不動産投資クラウドファンディングの基本的な仕組みと特徴についてイメージを掴みましょう。
いわゆるアパート経営などの不動産投資は、個人で融資を受けて不動産に投資します。

対してREITは、不特定多数の投資家から集めた資金で、個人単独では投資することが難しい「オフィスビル」や「商業施設」など規模の大きな不動産に投資して、得られた利益を投資家に分配するという仕組みの「投資信託」です。

金融取引市場に上場されているため、証券会社に口座を開設していれば、株式投資をする感覚で少額から投資することが可能です。

2.不動産投資クラウドファンディングの仕組みと特徴

インターネットを介して不特定多数の人から資金を調達して投資する仕組みを「クラウドファンディング」と言います
不動産投資クラウドファンディングは、この仕組みを不動産投資に応用したものです。

仕組みそのものはREITと大きく変わりませんが、1口あたりの投資額が1万円程度からと非常に少額から投資できるという特徴があります。

また最近では、「ソーシャルレンディング」を活用した不動産ファンドも注目されています。ソーシャルレンディングとは、複数の投資家が少しずつ出資して融資資金のファンドを作る仕組みで、不動産ファンドの場合は、不動産事業者に融資するファンドに投資します。

いかがでしょうか。
REITと不動産投資クラウドファンディング、各々の仕組みや特徴はおよそ理解できましたでしょうか。
「少額投資」「リスク分散」という点では、どちらも共通していると言えます。
では、それぞれのメリット、デメリットについて詳しく検証してみましょう。

3. REITと不動産投資クラウドファンディングのメリット・デメリット


ここでは、不動産投資において非常に重要となる6つの項目ごとに、それぞれのメリット、デメリットについて比較していきたいと思います。

投資資金

REITも不動産投資クラウドファンディングも、どちらも「少額分散投資」できる点が大きなメリットです。
REITの場合、銘柄によって最低投資額に大きな差があり、高いものであれば1口100万円を超えるものもあります。

一方で、不動産投資クラウドファンディングの場合は、REITよりもさらに少額投資できる点をウリにしているため、1口1万円前後のものが多いです。

利回り

不動産投資において、最も重要な指標といえば「利回り」です。
利回りが高ければ高いほど、投資に対する分配率が良い、優良な投資商品ということになります。

REITの分配金利回りは、銘柄によりますがおおむね「4~6%」というのが一般的で、不動産投資の利回りとしてみても、およそ平均的な印象です。
不動産投資クラウドファンディングの分配金利回りは、REITよりも高利回りである傾向があり「6~10%」くらいが目安となりますが、それ以上の利回りになるケースもあるようです。

流動性

REITについては、金融市場に上場されているため、取引市場が開いている時間帯であれば、いつでも売買して現金化することが可能です。
ところが、不動産投資クラウドファンディングは、一部の事業者を除くと、投資後の売却や途中解約ができないものがほとんどです。
少額高利回りである反面、流動性が低いという点に注意が必要です。

投資にかかる手間

投資を始めるための「事前準備」にかかる手間は、どちらも大きくは変わりません。
基本的には、インターネットから必要事項を入力して申し込みをし、審査通過後書類が送られてくるという流れが一般的です。

信頼性

REITについては、金融取引市場に上場されている信頼性の高いファンドが多いため、利回りは低いものの安心材料にはなるでしょう。

不動産投資クラウドファンディングについても、大手企業が参入しているものもありますが、中には中小企業が事業者として運営しているものもあります。
規模の小さい企業のクラウドファンディングは、高利回りで募集する傾向が見られますので、投資する際には利回りだけに捉われず、事業者の信頼性についても慎重に判断しましょう。

難易度

REITについては、流動性が高く、後で気が変わったとしても取引市場で簡単に売却できます。
ですが、不動産投資クラウドファンディングは、投資したら運用期間が過ぎるまで待つしかないため、投資時点での見極めが非常に重要となります。
途中修正がきかないという点でいうと、不動産投資クラウドファンディングの方が難易度が高いと言えるでしょう。

4. REITと不動産投資クラウドファンディングどちらに投資する?

REITも不動産投資クラウドファンディングも、仕組みは非常に似ていますが、投資対象と見た場合は、特徴が大きく異なります。
どちらが良いというよりも、「どちらが自分に合っているのか」という目線で見極めることが重要です。

REIT向きの人

REITは不動産投資クラウドファンディングに比べると、利回りが低く投資資金も若干高めですが、流動性が高いため好きな時に利益確定することができます。
貯金額にあまり余裕がない人の場合は、いつでも売却して抜けられるREITの方が無難であると言えます。
また、「慎重なタイプ」の人も、信頼性が高いREITが向いていると言えるでしょう。

不動産投資クラウドファンディング向きの人

不動産投資クラウドファンディングは、言ってみれば「ハイリスクハイリターン」な投資であるため、手持ち資金のうちの「余剰資金」で投資するのに向いています。
難易度もREITより高めなため、初心者が生活費を切り詰めてまで投資するのは、おすすめできません

おわりに

いかがでしたでしょうか。
REIT、不動産投資クラウドファンディング、どちらも少額で始められるため、アパート投資のように銀行から多額の融資を受ける必要がありません。
そのため、初心者でも参入しやすい点が最大の魅力です。

まずは、今回ご紹介したメリット、デメリットをよく検討して、自分にあった投資法を選んでみましょう。

失敗と成功をわける、不動産投資の7つのコツ【書籍PDFを無料プレゼント中】

棚田 健大郎
棚田 健大郎

棚田 健大郎

行政書士

棚田 健大郎

行政書士

大手人材派遣会社、不動産関連上場会社でのトップセールスマン・管理職を経て独立。行政書士、マンション管理士、ファイナンシャルプランナーなどの資格を取得し、棚田行政書士リーガル法務事務所を設立。現在に至る。

記事一覧