ニュース

マンション上昇、アパート下落/首都圏賃貸市場動向

マンション上昇、アパート下落/首都圏賃貸市場動向

不動産情報サービスのアットホーム株式会社が、アットホームに登録され成約した、首都圏(一都3県)における2019年9月期の賃貸物件の物件成約数・成約賃料を発表しました。

新築マンションの成約物件の賃料指数が調査開始以来最高になるなど、新築マンションの賃料が上昇傾向にあるようです。

アットホーム調べ

手間をかけずに将来に備えた資産をつくる…空室リスクが低い不動産投資とは?

平均成約賃料はマンション9.07万円、アパート6.14万円

首都圏平均の1戸あたりの平均成約賃料です。

マンションの平均成約賃料/戸:9.07万円…前年同月比1.6%プラス(4ヵ月ぶりのプラス)
アパートの平均成約賃料/戸:6.14万円…前年同月比5.1%マイナス(8ヵ月連続のマイナス)

成約賃料

エリア別に見ると、マンションは東京23区と埼玉県のマンションの2エリアのみがプラスとなっており、それにけん引される形で首都圏平均が前年同月比プラスに、そのほかはマイナスとなっています。
また、アパートはすべての地域で前年同月比マイナスとなりました。

単身者向け賃料もマンションは上昇、アパートは下落

30㎡未満の単身者向け物件の面積帯別平均成約賃料です。

マンション…6.92万円(前年比0.9万円プラス)
アパート…5.46万円(前年比0.4万円マイナス)

面積帯別成約賃料および前年比

単身者向けマンションの平均賃料は首都圏と同様、上昇した東京23区と埼玉県がけん引する形で前年比プラスとなりました。
一方単身者向けアパートは、賃料が下降している地域は東京都下と千葉県のみですが、プラスの地域の上昇幅は小さく、首都圏平均では前年比マイナスとなりました。

新築マンションは調査以来最高/1戸あたりの賃料指数の推移

新築マンションの成約物件1戸あたり賃料指数*の首都圏平均は09年1月の調査開始以来最高の【124.8】となりました。

※指数は季節要因を考慮し、09年1~12月の各月を100としています(例:19年1月の指数は09年1月を100とし、19年2月の指数は09年2月を100 とする)。

賃料指数

前月比では、マンションが新築は2ヵ月連続上昇、中古は反転して上昇、アパートは新築が反転して上昇、中古は4ヵ月ぶり上昇と、いずれも上昇しています。

首都圏の賃料帯別成約数の割合を前年と比べてみましょう。

マンションの場合、最も多い成約賃料割合順に
1.7万円代(15.2%)▲0.2P
2.6万円代(14.6%)▲0.6P
3.8万円代(12.8%)▲1.7P
 となり、すべてマイナスになっています。

アパートの場合、最も多い成約割合順に
1.5万円代(25.0%)+1.6P
2.6万円代(20.0%)▲1.1P
3.4万円代(17.6%)+3.5P
 となりました。

賃料帯別成約数の割合▼
賃料帯

新築と中古の賃料差

マンション・アパート、新築・中古別の首都圏平均1戸あたりの成約賃料の前年比です。

新築マンション:12.07万円…19.4%プラス(前年同月比3ヵ月連続のプラス)
新築アパート:7.58万円…2.3%マイナス(4ヵ月連続のマイナス)

中古マンション:8.86万円…0.1%プラス(9ヵ月ぶりのプラス)
中古アパート:6.02万円…4.7%マイナス(8ヵ月連続のマイナス)

地域別はこちら▼
新築と中古

成約件数は10ヵ月連続のマイナス

首都圏の9月の居住用賃貸物件成約数は14,970件でした。
前年同月比で7.0%減少し、10ヵ月連続のマイナスとなっています。

首都圏全エリアでのマイナスは5ヵ月連続となりましたが、マイナス幅は縮小し、5ヵ月ぶりに1ケタとなりました。


居住用賃貸物件成約数▼

2019年9月 前年比
東京23区 6,889件 ▲ 9.7%
東京都下 1,151件 ▲ 11.1%
神奈川県 3,935件 ▲ 2.4%
埼玉県 1,403件 ▲ 4.8%
千葉県 1,592件 ▲ 4.3%
首都圏計 14,970件 ▲ 7.0%

エリア別では、23区・神奈川県・千葉県のマンションで回復傾向が見られ、この3エリアのマイナス幅はいずれも2ヵ月連続で減少しました。
なお、23区および埼玉県の新築マンションは、2ヵ月連続でプラスとなりました。

新築・中古別成約数の前年同月比▼
新築・中古別成約数の前年同月比

今後の賃貸物件市場動向は

2019年9月の居住用賃貸物件の市場動向では、新築マンションの賃料の値上がりと成約件数の減少傾向が目立つ結果となりました。

次月、2019年10月は、全国的に数十年に一度の規模と言われた台風19号の被害に見舞われた月になります。
賃貸物件の成約には、どんな影響は出てくるでしょうか。

引き続きレポートしていきます。

関連記事

賃貸物件の成約賃料は首都圏平均で下落/19年3月

埼玉県がアツい!人気の理由とメリット・デメリット

【1分で分かる!新築一棟投資の魅力とは?】東京圏・駅徒歩10分圏内の物件紹介はこちら

インベストオンライン編集部
インベストオンライン編集部

インベストオンライン 編集部

インベストオンライン 編集部

最新の不動産投資情報やノウハウをリアルタイムにお届けする、株式会社インベストオンラインの広報担当。投資初心者向けコンテンツから上級向けの物件最新情報まで、広く発信していきます。

記事一覧