更新料 [こうしんりょう]

更新料とは、賃貸契約を結んでいる借主が、契約期間を更新するタイミングで貸主に対して支払う費用のことです。
金額については、個別の契約に応じて決められていますが、おおむね月額賃料の1ヵ月分が一般的です。

更新料の意味

不動産業界内で認識されている更新料の位置づけとしては、本来なら払ってほしい家賃を安くする代わりに一定期間ごとに払ってもらうもの、または、契約を更新させてもらうことに対する貸主へのお礼、というような意味合いがあります。

また、過去の判例によれば、更新料は月々の家賃の前払い的な性質があり、賃貸借契約を維持するための対価であると位置付けています。

更新料の地域性

関東では2年ごとに家賃1ヵ月分の更新料が一般的ですが、京都では家賃の2~3ヵ月分も取る物件もあるようです。一方で、大阪や名古屋では更新料を取らないのが主流です。

更新料

更新料の支払い義務について

借主は、更新料の支払いを拒否できるのでしょうか。
更新料の支払い義務については、賃貸借契約書に明記されているかどうか、という点がポイントとなります。賃貸借契約書に明記されている場合、双方合意の上で支払う契約を結んでいるため、拒否することは難しいでしょう。

また、2011年の裁判所の判決で、「1年ごとに2ヵ月分の家賃以下であれば、更新料は適法である」という見解が示されています。

更新料の支払いを怠るとどうなるのか

賃貸契約では貸主に正当な理由がある場合、契約解除ができるようになっています。賃貸借契約書に基づいて更新料の支払い義務が課せられているのなら、それを拒否することは契約違反であり、契約解除の正当な理由であると判断される可能性があります。

更新料の支払い時期

更新料の支払い時期については、賃貸借契約書に個別に規定されていますが、2年契約の契約期限が切れる前までに支払うのが一般的です。通常は、不動産会社から契約期間満了の2ヵ月前くらいに、更新のお知らせや更新料の請求書が届きます。

関連記事

契約更新の季節!大家が知っておきたい更新料の相場


監修:棚田 健大郎