アセットマネジメント・資産運用
[あせっとまねじめんと・しさんうんよう]

アセットマネジメントとは、投資用資産を投資家に代わり運用・運営・管理することです。
対象となる資産としては、不動産、株式、債券、その他あらゆる金融資産が対象となりますが、不動産業界におけるアセットマネジメント(AM)というと、「投資用不動産」の運用管理について、投資家に代わって代行することを意味します。

プロパティマネジメントとは何が違う?

似たような言葉にプロバティマネジメント(PM)というものがあります。

どちらも投資家に変わって不動産を管理するという点では共通していますが、アセットマネジメントは投資家の利益を最大化するために、投資家の代理として「不動産投資全体」の業務をマネジメントします。

それに対し、プロパティマネジメントは不動産投資の「賃貸経営」の実務的な管理(修繕対応・賃借人募集、家賃の集金管理など)を代行することを意味しています。

  • アセットマネジメント:不動産投資全体のマネジメント
  • プロパティマネジメント:不動産投資における賃貸管理のマネジメント

つまり、アセットマネジメントを不動産業者などに依頼した場合は、プロパティマネジメントも含め、不動産投資全体をサポートしてくれるのです。

アセットマネジメントを依頼するメリット

資産運用

不動産投資は学校や塾で教えてもらえることではないため、専門的な知識を得るためには多くの書籍を読んで学習を積み重ねるとともに、不動産投資セミナーなどにも通う場合がほとんどです。

ただ、最近では、サラリーマンと兼業している不動産投資家も増えているため、不動産投資の専門知識を学ぶ時間的余裕がありません。

そんな場合は、プロである不動産業者にアセットマネジメントを依頼すれば、自分に代わって適切に不動産投資をマネジメントしてくれるため、専門知識が乏しい初心者でも不動産投資を行えます。

また、不動産投資として投資家本人がやらなければならないことはほとんどなくなるため、手間や労力がほとんどかからず本業にも集中できます。

不動産投資初心者の人や、本業が忙しい人はアセットマネジメントを利用するとよいでしょう。

関連記事

老後資金2,000万円、資産寿命を延ばす方法は?

老後の不安は不動産投資で解決できる?その理由とは

監修:棚田 健大郎