STEP1:不動産投資とは

不動産投資とは

この記事は、「不動産投資」 に興味はあるけれど、どこから学べばいいのか、まだよくつかめていない初心者の方に向けたものです。

  • 不動産投資とはどのような目的で行うのか
  • どんな種類があるのか
  • その仕組みはどのようなものか

このような『いまさら誰にも聞けない』不動産投資の基本事項を専門家が解説いたします。

不動産投資とは

不動産投資とは、不動産物件を「購入」して他人に「貸す(賃貸する)」ことで「家賃収入」を得る投資で、わかりやすくいうと大家さんになってアパート経営、マンション経営などをすることです。

投資するとなるとそれなりの資金が必要になりますが、不動産投資は購入する不動産を担保にしてローンを組むことができますので、最低限の自己資金があればすぐにでも始められます。

不動産投資の種類

アパートマンションビル戸建てなど建物一棟に投資する方法もあれば、マンションの一室を購入する区分マンション投資駐車場投資コンテナを活用した貸し倉庫投資、ごく少額からできるREITなど様々な種類があります。

また、投資する物件には大きく分けて「新築物件」「中古物件」という選択肢があるほか、貸す方法についても民泊などの選択肢があり、やり方次第で自分のスタイルにあった投資が可能です。

不動産投資をする目的

不動産投資は主に「資産形成」「節税対策」の2点を目的としています。

資産形成とは平たくいうと儲けて財産を増やすことで、不動産投資においては賃借人(入居者)から支払われる家賃収入(インカムゲイン)と、買った時よりも高く売れた際の売却益(キャピタルゲイン)を活用した資産形成です。

節税対策は主に所得税、住民税、相続税について節税効果を発揮します。
不動産投資は減価償却という会計上の仕組みによって、現金収支は黒字なのに不動産所得は赤字にすることが可能です。

不動産所得の赤字はサラリーマンの給与所得と損益通算(相殺)できるため、確定申告をすることで源泉徴収によって引かれた所得税の還付を受けることができます

また、不動産は現預金よりも相続税評価額を低く抑えられることから、現金資産をそのまま保有するよりも不動産投資をして資産の組み替えをすることで、将来発生する相続税も節税できるのです。

不動産投資についての情報はどこで得る?

不動産投資は学校や塾では教えてもらえないため、興味を持ったら自ら積極的に情報収集することが大切です。不動産投資初心者の方は、主に次のような方法で情報や知識を身につけるとよいでしょう。

  • 不動産投資関連サイトの情報
  • 不動産投資関連の書籍
  • 不動産投資セミナー

まずは当サイトのような不動産投資関連のサイトで、不動産投資とはどのようなものなのか知ってイメージをつかむとよいでしょう。
ある程度分かってきたら、不動産会社や不動産投資家が開催しているセミナーに参加して情報を収集したり、わからないところが出てきたら書籍で知識を補填したりするのがおすすめです。

人口動向・賃貸需要に合わせた「新築一棟投資法」とは?無料解説書籍はこちら

棚田 健大郎

解説者棚田 健大郎

行政書士・マンション管理士・宅地建物取引士・管理業務主任者・敷金診断士・ファイナンシャルプランナー